From The Inside

Ubique Media Daemon

book

荻窪の本屋さん「Title」、散歩の達人、二週間の休暇、日常の椅子

荻窪の本屋さん「Title」に行ってきた話を中心とした日記です。

初台fuzkue、カフェ・マリア・テレジア、松沢呉一『闇の女たち』

初台に行く用事があり、fuzkueという面白いお店に入った話をします。

青春の一冊、原田宗典『スメル男』

原田宗典という作家がいます。たしか中学生のころ『スメル男』を読んでびっくりした記憶があります。最初は「スルメ男」だとばかり思っていたという、あるあるのやつです。

谷崎潤一郎『春琴抄』

この記事は、#読み終わった本リスト Advent Calendar 2015 の17日目です。

平坂読『僕は友達が少ない』11巻。完結。いくつもの間違いを抱えて、人生は続いていく

僕は友達が少ない (11) (MF文庫J)作者: 平坂読,ブリキ出版社/メーカー: KADOKAWA/メディアファクトリー発売日: 2015/08/26メディア: 文庫この商品を含むブログ (15件) を見る1冊丸ごとエピローグです。おつかれさまでした! 淡々と紡がれる最後の1年 『僕は…

正しくあろうとした末に、正しくなくなってしまうことを肯定する。平坂読『僕は友達が少ない』10巻が描いた世界観

10巻です。事実上の8.5巻であった「CONNECT」を含めると11冊目。終わりが見えてきました。9巻時に、こんなことを書きました。平坂読『僕は友達が少ない』9巻の激烈な面白さ、あるいは「はがない」のこれまでとこれから - From The Insideある意味「僕は友達…

2013年、小説ベスト10

読書はすれど、いわゆる「小説」を読まなくなって何年か過ごしましたが、2013年は小説熱が少し復活してきたので、まとめます。来年はもっと読みたいですね。

虚実が逆転する「読むアシッド・ハウス」——天久聖一『少し不思議。』

僕の青春は天久聖一と共にあったといっても過言ではありません。「バカドリル」に「ブッチュくん」、はたまた「バカサイ」、そして「モテたくて…」。そんな天久氏(元祖あまちゃん)の小説『少し不思議。』は、漫画家・天久聖一の持ち味をそのまま文章に落と…

終わりのない後悔の旅。桜木紫乃『無垢の領域』

無垢の領域作者: 桜木紫乃出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2013/07/31メディア: 単行本この商品を含むブログ (5件) を見る『ホテルローヤル』で直木賞を受賞した桜木紫乃の受賞後1作目。いつも通り釧路です。「革命児」と呼ばれる図書館長の信輝、筆を持つこ…

平坂読『僕は友達が少ない』9巻の激烈な面白さ、あるいは「はがない」のこれまでとこれから

激烈に面白かった…………!僕は友達が少ない 9 (MF文庫J)作者: 平坂読,ブリキ出版社/メーカー: メディアファクトリー発売日: 2013/08/27メディア: 文庫 クリック: 3回この商品を含むブログ (2件) を見る一気に読んでしまった。そして叩き付けるようにこの文章を…

桜木紫乃さん直木賞受賞おめでとうございます

おめでとうございます!!!!!!!!!!!!!!!![asin:B00DLQ14RS:detail]ホテルローヤルとても良い本なのですごく嬉しいです。遡るラブホテルと人間の記憶。桜木紫乃『ホテルローヤル』 - From The Insideよく考えると、今年最初に読んだ小説だったなあ。北国のラブ…

文学の自由と不自由。視覚死角刺客詞客始覚四角資格視角。阿部和重『□ しかく』

角貝ササミを蘇らせるには、まずは三六五日以内に、特定の四つのパーツをすべてそろえなければならない。 □ しかく作者: 阿部和重出版社/メーカー: リトル・モア発売日: 2013/05/08メディア: 単行本この商品を含むブログ (12件) を見る阿部和重といえば『ア…

或る一つの結末。伏見つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』完結

これは、あのころのアンダーグラウンド・オタクカルチャーへの、ライトノベル側からのラブレターだ。俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12) (電撃文庫)作者: 伏見つかさ,かんざきひろ出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス発売日: 2013/06/07メディ…

村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』/坂上秋成『惜日のアリス』/沙羅とナルナが導く表裏一体の物語

この2つの小説がほぼ同じタイミングで出版されたことに、奇妙な運命を感じずにはいられません。 ■ 村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年作者: 村上春樹出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2013/04…

芸事に身を捧げ、不自由の美を得る。紅玉いづき『ブランコ乗りのサン=テグジュペリ』

ブランコ乗りのサン=テグジュペリ作者: 紅玉いづき出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)発売日: 2013/03/01メディア: 単行本 クリック: 17回この商品を含むブログ (7件) を見る紅玉いづきさんの初めてのハードカバー。美しい装丁とタイト…

黒田夏子『abさんご』のゆめと記憶

abさんご作者: 黒田夏子出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2013/01メディア: ハードカバー購入: 9人 クリック: 912回この商品を含むブログ (37件) を見る第148回芥川賞受賞おめでとうございます。昨年、第24回早稲田文学新人賞を受賞した際、選考委員の蓮實…

遡るラブホテルと人間の記憶。桜木紫乃『ホテルローヤル』

ホテルローヤル作者: 桜木紫乃出版社/メーカー: 集英社発売日: 2013/01/04メディア: ハードカバー購入: 2人 クリック: 3回この商品を含むブログを見る『ラブレス』の桜木紫乃の新刊。湿原を背に建つ北国のラブホテル「ホテルローヤル」にまつわる人間の連作…

パナヒ、アシュラ、園子温、西島大介、とよ田みのる、柳原望、クノー、池田亮司

最近見聞きしたもの、書く暇がなかったのでまとめておきます。 ■ ジャファール・パナヒ『これは映画ではない』 ▽ 単身パック反体制活動により「20年間の映画製作禁止」を命じられたイランの映画監督ジャファール・パナヒが、友人の映画監督を自宅に呼んでい…