読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

From The Inside

Ubique Media Daemon


瀬戸内国際芸術祭2016に行ってきました

art

小豆島と豊島と高松に行ってきました。6年ぶりです。

瀬戸内国際芸術祭 2016

f:id:minesweeper96:20160923133002j:plain


1日目


寝坊しませんでした。高松まで飛行機。

f:id:minesweeper96:20160923133001j:plain


船で小豆島へ。

f:id:minesweeper96:20160923133000j:plain


困惑。

f:id:minesweeper96:20160923132959j:plain


小豆島着。港でチェ・ジョンファ「太陽の贈り物」を見つつ、島メシ家でお弁当を買って、一気に北部の大部へ。

f:id:minesweeper96:20160923132958j:plain


リン・シュンロン「国境を越えて・潮」。今回の個人的目玉のひとつ。

f:id:minesweeper96:20160923132957j:plain


浜辺に196体の子どもの像。196は日本が承認する世界の国の数。

f:id:minesweeper96:20160923132956j:plain


すごい。

f:id:minesweeper96:20160923132955j:plain


すごい。

f:id:minesweeper96:20160923132954j:plain


首が取れてる子も。

f:id:minesweeper96:20160923132953j:plain


圧巻。来てよかった。

f:id:minesweeper96:20160923132952j:plain


そのまま竹腰耕平「小豆島の木」へ。これも良かった。

f:id:minesweeper96:20160923132951j:plain


倉庫の中に木の根元。根っこかっこいいよね。

f:id:minesweeper96:20160923132950j:plain


かっこいいよね……。

f:id:minesweeper96:20160923132949j:plain


土庄本町に戻りましょう。てくてく歩いて、大岩オスカール「大岩島2」。

f:id:minesweeper96:20160923132948j:plain


エア・ドームの内側が全部こんな感じ。良かったけど、この日は暑かったので蒸し風呂状態でした。

f:id:minesweeper96:20160923132947j:plain


大地の芸術祭でも素晴らしかった「目」の「迷路のまち~変幻自在の路地空間~」。ふたつありました。相変わらずの面白空間。そういや去年行った大地の芸術祭、ブログに書くの忘れてるね。たるんどる!

f:id:minesweeper96:20160923132946j:plain

f:id:minesweeper96:20160923132945j:plain


坂手港へ。山を登って、ビートたけし×ヤノベケンジ「アンガー・フロム・ザ・ボトム 美井戸神社」。祀られておる、と思ったら、祠は後になって地元有志が作ったんだとか。本当に祀られてた。

f:id:minesweeper96:20160923132944j:plain


ロッパー。

f:id:minesweeper96:20160923132943j:plain


港近くの建物にも描かれていました。

f:id:minesweeper96:20160923132942j:plain


港に設置されたヤノベケンジ「スター・アンガー」で初日は終了。

f:id:minesweeper96:20160923132941j:plain


船と一緒に。

f:id:minesweeper96:20160923132940j:plain


2日目


朝から船で豊島へ。小豆島が遠く離れていく。

f:id:minesweeper96:20160923132939j:plain


着きました。

f:id:minesweeper96:20160923132938j:plain


いぬ。

f:id:minesweeper96:20160923132937j:plain


歩きましょう。

f:id:minesweeper96:20160923132936j:plain


途中にイオベット&ポンズ「勝者はいない─マルチ・バスケットボール」っていうバスケゴールがひとつのボードにたくさん付いてるやつがあってみんなやっていたので、僕もシュートして遊びました。やっていた結果、写真を撮り忘れました。さらに歩きます。

f:id:minesweeper96:20160923132935j:plain


クリスチャン・ボルタンスキー「心臓音のアーカイブ」。皆さんの心臓音が爆音で聞けます。良い低音でした。

f:id:minesweeper96:20160923132934j:plain


ちゃんと自分の心臓音も登録しました。不正脈持ちなので、ビートが複雑でした。

f:id:minesweeper96:20160923132933j:plain


少し戻って、ご存じ内藤礼「豊島美術館」。中は撮影禁止ですし、その場に行かないと意味が無いので、皆さん行きましょう。二度目ですが、やっぱりすごかった。時間が許せば1日中、寝転がっていたい。

f:id:minesweeper96:20160923132932j:plain


安部良「島キッチン」は相変わらずアホほど混んでいたので、お店に入って食べるのは諦めて、併設の「みかん小屋」でカレーを買ってテラスで食べました。このあとちょっと歩くので気合いを入れる。

f:id:minesweeper96:20160923132931j:plain


ピピロッティ・リスト「あなたの最初の色(私の頭の中の解-私の胃の中の溶液)」を見つつ。

f:id:minesweeper96:20160923132930j:plain


坂道を登っていきます。片道25分。個人的目玉のふたつめ、クリスチャン・ボルタンスキー「ささやきの森」。とても良かった。

f:id:minesweeper96:20160923132929j:plain


動画の方が分かりやすそう。森の中に、たくさんの風鈴が吊るされていて、虫の音と、風鈴の音が重なる。風鈴の短冊には、大切な人、喪った人の名前が書かれています。巡礼の地。僕も書こうかなと思ったんだけど値段が高かったのでやめました(ひどい)。


バスで甲生へ。ケグ・デ・スーザ「豊穣:海のフルーツ」。これ海藻です。

f:id:minesweeper96:20160923132928j:plain


ステンドグラスみたい。海藻なんだけどね。

f:id:minesweeper96:20160923132927j:plain


塩田千春「遠い記憶」。建物にも家具で作ったトンネルが突き刺さってる。ファンキー。

f:id:minesweeper96:20160923132926j:plain


バスで家浦へ。大竹伸朗「針工場」。

f:id:minesweeper96:20160923132925j:plain


中は撮影禁止なのだけど、この建物はもう使われなくなった針製造工場で、その中に、作ったものの結局使われずに宇和島の造船所に約30年放置されていた漁船の船体用の木型が、ひっくり返して設置してあるという作品。使われなくなったものと、使われずに放置されていたものが、時間と空間を超えて結び付いて、人に鑑賞されている、っていうのはとてもすごいことですね。現代美術の持つ力という感じがする。予想以上に良かった。

f:id:minesweeper96:20160923132924j:plain


針工場の隣におしゃれなお店があったので。

f:id:minesweeper96:20160923132923j:plain


アイスキャンディーぺろぺろ。

f:id:minesweeper96:20160923132922j:plain


高松港に戻り、やなぎみわの舞台公演「日輪の翼」を鑑賞(写真なし)。素晴らしかった! 以前、公開リハーサルを見て最高だったので本公演も絶対に見ようと思っていたのでした。港近くの屋外で、台湾で見つけたデコトラをステージにして、中上健次を演劇に。中上健次の映像化と言えば若松孝二監督による映画版「千年の愉楽」もとても良かったのですが、本公演も中上健次の「路地」や「中本の血」の要素を詰め込んで最高のショーに仕上げてくれていました。オリュウノオバたちがかわいすぎる(押切蓮介先生の漫画に出てくる元気で愉快なおばあちゃんたちがちょっと雰囲気似てるよなあとか不思議な感想が頭に浮かびました)。ラストはもう、デコトラステージと屋外公演でなければ不可能な衝撃の〆。日輪の翼という旅の物語に相応しい終わり方でした。やばいものを見た。

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース やなぎみわステージトレーラープロジェクト 『日輪の翼』|KAAT 神奈川芸術劇場


大興奮のなか、2日目も終了。


3日目


最終日です。高松の景色。

f:id:minesweeper96:20160923132921j:plain


ことでんに乗りました。

f:id:minesweeper96:20160923132920j:plain


高松市美術館へ。ヤノベケンジ「シネマタイズ」。

f:id:minesweeper96:20160923132919j:plain


かわいい。

f:id:minesweeper96:20160923132918j:plain


立つところも見られました。

f:id:minesweeper96:20160923132917j:plain


堪能。

f:id:minesweeper96:20160923132916j:plain

f:id:minesweeper96:20160923132915j:plain

f:id:minesweeper96:20160923132914j:plain

f:id:minesweeper96:20160923132913j:plain

f:id:minesweeper96:20160923132912j:plain

f:id:minesweeper96:20160923132911j:plain


最後に高松港で、リン・シュンロン「国境を越えて・海」を見ました。中に入れます。リン・シュンロンで始まり、リン・シュンロンで終わる。

f:id:minesweeper96:20160923132910j:plain

f:id:minesweeper96:20160923132909j:plain

f:id:minesweeper96:20160923132908j:plain


おつかれさまでした。見たいものはほぼ見られたので満足。楽しかったです。


次回予告


次は、あいちトリエンナーレです。

2016年9月のマンガ購入予定リスト

comic

残暑に負けずにマンガを読みましょう。

沼駿 / 左門くんはサモナー (5)

左門くんはサモナー 5 (ジャンプコミックスDIGITAL)

左門くんはサモナー 5 (ジャンプコミックスDIGITAL)

表紙のヤーさんが美人すぎませんか……! 最近も相変わらず面白いですね左門くん。

小椋アカネ / 彼女になる日 (3)

彼女になる日 3 (花とゆめCOMICS)

彼女になる日 3 (花とゆめCOMICS)

最高TSマンガ。

板垣恵介 / 刃牙道 (13)

刃牙道 13 (少年チャンピオン・コミックス)

刃牙道 13 (少年チャンピオン・コミックス)

いいから早く本部を。

秋★枝 / 恋は光 (5)

恋は光 5 (ヤングジャンプコミックス)

恋は光 5 (ヤングジャンプコミックス)

新展開?

古谷実 / ゲレクシス (1)

ゲレクシス(1) (イブニングKC)

ゲレクシス(1) (イブニングKC)

どう話を展開していくつもりなのこれ……。

押見修造 / ぼくは麻里のなか (9)

ぼくは麻理のなか(9) (アクションコミックス)

ぼくは麻理のなか(9) (アクションコミックス)

どんどん面白くなってる。押見史上最高傑作では?

木尾士目 / Spotted Flower (2)

Spotted Flower 2

Spotted Flower 2

げんしけん二代目、完結おめでとうございます。はい。

シギサワカヤ / お前は俺を殺す気か (4)

お前は俺を殺す気か 4

お前は俺を殺す気か 4

収集ついてなさそうに見えるおまころ。

C90楽しかったです

comic music

2日目と3日目に参加してきました。そこまで暑くなくて良かったですね。

f:id:minesweeper96:20160814213030j:plain:w500

特に印象深かったものについてさらっと書きます。誰が得するんだろうこの記事。

2日目

主に東方。っていうか東方しか買ってない。朝から並びましたよ!

上海アリス幻樂団 / 旧約酒場 〜 Dateless Bar "Old Adam".

初手上海列。当然ですよね! 今年の例大祭で久々に出た秘封倶楽部『燕石博物誌 〜 Dr.Latency's Freak Report』が過去最高傑作レベルで良かったと思ったら、3ヶ月後に続編を出すというとんでもなさ。神主最高! ポップだった前作とは正反対にダークでスルメ感満載のトラックだらけなのですが、オリジナル曲もアレンジ曲も全部最高。ラストトラック「二日酔いの同床異夢」は泣きメロ満載で衝撃的でした。ブックレットの小説の方はメリーが可愛かったです。百合度がいつもより高かった気がする(病気)。

旧約酒場 ~ Dateless Bar ”Old Adam”.(上海アリス幻樂団)の通販・購入はメロンブックス | メロンブックス
【とらのあなWebSite】旧約酒場 ~ Dateless Bar "Old Adam".

砂亭 / 上元

東方は西34ホールだったんですけど、こちらのみ別サークル委託で東だったんですよね。なので最後に東まで行って買ったんだけど、2日目の東方同人誌ではこれが優勝でした。ぶっちぎり。上元であり小正月であり元宵節である一月十五日の「どんと焼き(左義長)」を巡る白蓮(仏教)と神子(道教)と霊夢(神道)の、それぞれからの視点を縦糸に、一輪(仏教)と布都(道教)の酒場での対話という横糸を掛け合わせた、隙の無い構成。語り口も、絵も、とにかくパーフェクト。俺の考える理想の寺と廟の関係性が具現化している……! 深秘録のアフターとしてこれ以上ない作品。満点。この方、これが初めての全年齢向けだっていうのが信じられない。良いものを読ませていただきました。一輪と布都が……とにかく……良い……(むせび泣く)。

上元(砂亭)の通販・購入はメロンブックス | メロンブックス
【とらのあなWebSite】上元

サカナキドリ / つける薬もないまま

ドレサグの偉い人。新刊は良いあおりんごでしたけど、実質ドレサグでは?という仕上がりでしたし、何の問題も無いし、うど純すらさらっと入れてくるあたり、集大成感ありました。鈴瑚と清蘭は早く結婚して……ドレミーとサグメさんも早く結婚して……。

【とらのあなWebSite】つける薬もないまま

TeamInazuma / こいしちゃんはねむれない

いつも楽しい本を出してくれる相沢さん。いつも通りの楽しげコメディで良いんだけど、今回はいちいちドレミーさんが余裕ありげに見えてヘタレでポンコツという……理想のドレミー像で……良い……ってなるよね。ありがとう……。

こいしちゃんはねむれない(Team Inazuma)の通販・購入はメロンブックス | メロンブックス
【とらのあなWebSite】こいしちゃんはねむれない

azmaya / こがねいろの君

東方茨歌仙の作画担当あずまあや先生の新刊。一冊の本というプロダクトとして見ると、今回はこちらがベストでした。なにしろ全面に渡って「こがねいろ」だけがカラーという印刷。魔理沙の金色の髪と、幻想郷という世界の金色だけが色づいて、かろうじて魔理沙という危うい存在が世界につなぎとめられている、そんな風に感じる美しい一冊でした。最近の魔理沙は某鈴奈庵のせいで危ういイメージしかない。

こがねいろの君(azmaya)の通販・購入はメロンブックス | メロンブックス

荒御霊 / Dr.LFO

東方でテクノアレンジ(しかも正統派のミニマルテクノ)をやり続けてくれている和泉さんの新作は「燕石博物誌」の曲順そのまんまのテクノアレンジCD。過去最高っぽい気がするくらい良かった!です! 秘封はテクノ。タイトルも最高。

Dr.LFO(荒御霊)の通販・購入はメロンブックス | メロンブックス
【新品】Dr.LFO / 荒御霊 入荷予定:2016年08月頃 | AKIBA-HOBBY

3日目

3日目はのんびり行きました。島本和彦先生のウラシマモトの列が大変なことになっているのを見ました(並ぶのを一瞬で諦めました)。

親不孝STREET / やまねこ

人生で最も好きな漫画家のうちのひとり、二宮ひかる先生の新刊。スペースで、たぶん、おそらく、ご本人だと思われるのだけど、手渡しでいただいて、なんか言おうとして、なにも言えませんでした。『ナイーヴ』のころから、ずっと大ファンです……。内容の方は商業誌とは一風変わっており、うわあこんな絵も描けるんだ!という「やまねこ」の描写が最高でした。なんと続くらしいのでとても楽しみ。しかし二宮先生が普通に描くとコミケ的には18禁の同人誌ということになるのか……そりゃそうか……。

新刊・既刊情報|写メ風呂

ドアビートル / DOORBEETLE TEACLOUDY

『メイドインアビス』のつくしあきひと先生の8Pフルカラー本。半分くらいナナチの絵。ナナチかわいい……。ナナチを生み出したという偉業をもって、つくし先生は永遠に称えられ続けるべきだと思います。既刊で名作「スターストリングスより」も並んでいたのであわせて購入。名作なので読んでない人は一刻も早くpixivで読んで。

【オリジナル】「スターストリングスより」漫画/つくし [pixiv]

秋葉原重工 / AHI COMPILATION 05

テクノパーティー「秋葉原重工」のコンピCD。A.MochiさんにヒロシワタナベさんにTAKAMIさんまでという豪華布陣。荒御霊の和泉さんも参加されてます。全体的に重工でインダストリアル。良い。2日連続でテクノのCDを買っているので、コミケは実質テクノ。

秋葉原重工コンピレーション05 - AHI COMPILATION 05 -... - 秋葉原重工 - Akihabara Heavy Industry Inc.

醤油をこぼすと染みになる / 醤油手帖 職人醤油編

むむ先生の、ごぞんじ醤油手帖シリーズ最新作。事前に「今回めちゃくちゃ分厚くなっちゃって」とお聞きしていたのですが、実際に手に取ったら本当に分厚くて吹きました。分厚すぎるので、じっくり読もうと思います。職人醤油も今度買ってみよう。手ぬぐいと甚吉袋が可愛いなと思っていたのですが、伺った時点で完売でした!

職人醤油 - こだわる人の醤油専門サイト

漫画トロピーク / このマンガガガガ vol.4

ということで最後は僕も少しだけ参加したアレ。20〜30分ほどスペースにもいまして、良い感じに売れていくのを眺めていました。次はもうちょっといろいろお手伝いしたいなあ(と言いつつ社会人の同人活動は大変なんだなあと思いました)。8月21日(日)コミティア117でも頒布予定なので、皆さんぜひどうぞ!

夏コミC90「漫画トロピーク」新刊に少し文章を載せています(3日目 東5 ホ58b)

comic

今日からコミケですね。頑張っていきましょう。

3日目 東5 ホ58b「漫画トロピーク」の新刊に、少し文章を載せています。

「名刺代わりの一冊クロスレビュー」で、推薦作(簡単なレビュー付き)と、他のメンバーの推薦作いくつかのレビューを書きました。また、毎月「このマンガがすごい!」のアンケートに参加していまして(アンケートを各メンバーが出し合って、上位を「このマン」に送っています)、今回の新刊ではその流れで、投票したけど上位にならなくて「このマン」には送られなかった作品の簡単なレビューも書きました。それぞれ何の漫画について書いたかは新刊をご覧ください。その他、たのしい漫画の話がてんこ盛りですので、ぜひどうぞ。

同人誌に文章を載せるのは初めてだったのでドキドキしました。ありがとうございます。あんまり全体的にお手伝いできなかった気もするので、もう少しいろいろやりたいですね。

当日は、時間帯によってはブースにいるかもしれません(たぶんお昼ごろ?)。よろしくお願いします。

Pioneer DDJ-RB を買いました(あるいは、DJの楽しさについて)

music

最近、DJ用に Pioneer DDJ-RB を買いまして、ちょくちょく使っているので、その話をします。

f:id:minesweeper96:20160811130527j:plain

www.pioneerdj.com


昔(10年以上前)は Technics SL-1200mk3 でアナログレコードを使っていましたが、ここ数年は「時代はデジタルなのか……」と思いつつiPadのDJアプリやKORGの簡単なDJコントローラーで遊ぶ程度でした。が、最近ちょっと友人の前でDJをする機会があったりしまして、ちゃんと環境を整えようということで、詳しい会社の同僚におすすめされてDDJ-RBにしました。

完全にCDJ/PCDJの発展の歴史をすっ飛ばしているため、はっきり言って機能が使いこなせているとは言えないものの、DDJ-RBはDJソフトウェアのrekordbox djの製品版(お試し版じゃなく!)がバンドルされているので、音楽ライブラリを格納してあるMacBook Airにつないで、とりあえずミックスしていくのはほぼ一瞬でできるようになりました。

rekordbox.com


でかいジョグダイヤル、PLAY/PAUSEボタン、CUEボタンあたりはPioneerのCDJの標準的なUIと近しく、標準感あって良いですね。前述のとおりデジタルDJのほかの環境をまったく知らない状態で使っているので過去の機材との比較などまともにできませんが、アナログ時代のDJをやっていた身としては、すんなり入っていける良い機材だと思いました。

ミキサー部については、EQはもっとエグく音が切れるほうが好みなのですが、フィルターがいい感じに効くので、むしろそっちばかりいじっています。rekordbox側のエフェクトもひとつアサインしておけるのですが、ディレイをアサインしておいて、フィルターと組み合わせるようにしています。パッドはスリップループ専用と化しています。あとは、おもしろボイスサンプルのタイミングでマニュアルループを使うくらいです。機能を使いこなしてない感すごい。

blog.shimamura.co.jp


他の方のレビューを見ると、DDJ-SB2に比べて、ヘッドフォン端子がステレオミニプラグであることや、HEADPHONES MIX がないあたりが弱点として取り上げられていますが、個人的には(そこまでこだわってないという軟弱な理由で)特に困りませんでした。初めて本格的にDJします、という向きにも割と最適な気がします。

ken46.com

ken46.com


rekordbox自体もすっきりしていて直感的で使いやすいように思います(他はSeratoを少し触ったことがある程度なので比較できていませんが)。ビート検出も特に何も考えなくても概ね問題なくて、syncが楽で「一生懸命ヘッドフォンで聴いてピッチコントローラーとフラッターを触ってピッチを合わせていたのはなんだったんだ……」という気分になるものの、ビートマッチの作業自体は割と好きなので、家で遊んでるときはsyncを使わず手で合わせることも多いです。まあそれでもBPMが表示されるので格段に楽ですが。昔はレコードを回して耳と手だけでピッチを合わせていたのじゃよ……。

この辺はいろいろありますよね。ビートマッチの技術の話とか、ずれることがグルーヴを生むとか、いやその作業が簡略化されたから他のことができるようになったんだとか、ほんとかーほんとに他のことやってるのかー?とかまあいろいろ。DJ簡単にできるようになったな、という気にはなります。良いことかどうかは分からないけど、いろんな人がDJ簡単にできるようになったのは良いことなんじゃないかな、たぶん。でもかっこよくビートマッチできるDJは尊敬します。

jp.residentadvisor.net

www.clubberia.com


仲間うちのお気楽DJ活動をするにあたって、とても良い買い物をしたなあと思います。みんなめちゃくちゃ盛り上がってくれるので楽しいです。DJは「自分が好きで、かつお客さんも喜びそうなものを、狙ってかけて、喜んでもらう」という活動だと思っていて、自分の好き度合いとお客さんへのおもてなしのバランスを両立させるというところにロマンがあって大好きです。もちろん、自分の好きな曲をかけろ!というDJもいるし、それを忘れたらやっていても楽しくないし、お客さんのことを考えすぎるのも良くないと思うけどね。みんなの知ってる曲をかければいいっていうものでもなくて、きっとみんなが好きになるだろう曲をミックスして世界観を作っていけるのが、やっぱり最高。優れたDJは本当に素晴らしいと思います。以下のRAのDJインタビューシリーズが死ぬほど好きなので皆さん全部読んでください。

RA: The art of DJing: Tama Sumo
RA: The art of DJing: Function
RA: The Art of DJing: Intergalactic Gary
RA: The art of DJing: Vera
RA: The art of DJing: DJ Nobu


ということで、皆さんもDJしましょう。皆さんが好きな曲をかけている姿を見るのは、とても楽しいです。

Pioneer DJ パイオニア / DDJ-RB DJコントローラー

Pioneer DJ パイオニア / DDJ-RB DJコントローラー

濱田浩輔『はねバド!』をこれまでちゃんと読んでこなかったことを謝りたい

comic

『はねバド!』がめちゃくちゃ面白いという話をします。

このマンガは、かつて週刊少年ジャンプで『パジャマな彼女。』というラブコメ漫画を描かれていた濱田浩輔先生が、2013年からgood!アフタヌーンで連載している女子バドミントン漫画です。連載当初はおおバドミントン漫画か珍しいということで読んでいたのですが、2巻くらいまで読んで、うーん可愛らしい女の子たちのコメディ感を交えた楽しいスポーツ漫画って感じですね……主人公がたまに黒いのとかは良いけど……くらいのイメージで、そこで読むのをやめてしまっていました。謝りたい。

1巻の表紙はこういう感じです。

はねバド!(1) (アフタヌーンコミックス)

はねバド!(1) (アフタヌーンコミックス)

可愛いですね。

これが5巻の表紙だとこんな感じになります。

はねバド!(5) (アフタヌーンコミックス)

はねバド!(5) (アフタヌーンコミックス)

表紙に描かれているのは同じ人です。

で、先日出た8巻がこんな感じです。

はねバド!(8) (アフタヌーンコミックス)

はねバド!(8) (アフタヌーンコミックス)

なんだこの絵柄の変わり方は!

ということで最新8巻まで読みました。ちょうど僕が読むのをやめてしまった続きの3巻の終盤あたりから片鱗が見え始め、4巻で一気に絵柄が変わり、かなり濃密なスポ根漫画に変貌します。ジャンプしてラケットを振る選手たちの描写が、コート上の空間を広くとった構図の中でダイナミックに描かれ、キャラクターたちは目つきが鋭くなり壮絶な心理戦(と舌戦)をコート上で繰り広げることになります。

4巻の主人公・羽咲vs小麗戦で一気に面白さが跳ね上がり、5巻終盤から7巻中盤にかけて描かれる羽崎vs荒垣戦でピークに達します。この段階ではもはや荒垣側が主人公のように描かれ、異常なまでの天才として描かれる羽崎は対戦相手を煽りまくるとんでもなくドス黒いラスボスにしか見えなくなっているという始末。羽崎という人物がどのように「作り出されたのか」がストーリー全体を通じて描かれるとともに、そんな天才に対抗する荒垣の姿が圧倒的な強度で描かれます。

この絵力よ……。

作者自身もこの羽崎vs荒垣戦でやり残したことがないくらい描き切ったと書いていますが、そこから始まる団体戦の新章がまた面白い! 羽崎・荒垣に隠れていた副主将の泉が今度は主人公的な位置に立ち、ライバルキャラ・橋詰(8巻の表紙の人)との戦いが描かれる……かと思いきや、相変わらずドス黒く暴走する羽崎に対し、橋詰とダブルスを組むモブっぽかったキャラの重盛が8巻では一番美味しい活躍をするという胸熱さ……!(僕は重盛が一番好きです)

この重盛とコーチのシーン良すぎる……!

要所要所で、各高校のコーチ勢がまた良い味を出してくれるというのもポイントなんです。やり方に違いはあるし、すべてがベストではないけれど、それでも選手のことを考え続けているコーチたちがとにかくかっこいいのだ……だいたいおっさんだけど……おっさんたちかっこいい……!

才能とは何か、勝つとは、負けるとは、天才とは? 久々に、スポーツ漫画に熱くなっています。この漫画、こんなに面白くなってるって早く教えてほしかった……!

2016年8月のマンガ購入予定リスト

comic

夏だ! マンガだ!

横田卓馬 / 背すじをピン!と 〜鹿高競技ダンス部へようこそ〜 (6)

背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~ 6 (ジャンプコミックス)

背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~ 6 (ジャンプコミックス)

脇役の描き方がうますぎるんだよなあ……。

ゆでたまご / キン肉マン (56)

キン肉マン 56 (ジャンプコミックス)

キン肉マン 56 (ジャンプコミックス)

2ヶ月連続刊行! シルバーマンvsサイコマンは、本当に歴史に残る名バウトですよ。

福本伸行、萩原天晴、橋本智広、三好智樹 / 中間管理録トネガワ (3)

中間管理録トネガワ(3) (ヤンマガKCスペシャル)

中間管理録トネガワ(3) (ヤンマガKCスペシャル)

中間管理録トネガワ(3)限定版 (プレミアムKC ヤングマガジン)

中間管理録トネガワ(3)限定版 (プレミアムKC ヤングマガジン)

表紙の時点ですでに面白い。

島本和彦 / ヒーローカンパニー (9)

ヒーローカンパニー(9) (ヒーローズコミックス)

ヒーローカンパニー(9) (ヒーローズコミックス)

先日、シン・ゴジラを見て庵野秀明に負けてしまった島本先生だ。

押切蓮介 / ぼくと姉とオバケたち 完全版

ぼくと姉とオバケたち 完全版 (バンブーコミックス)

ぼくと姉とオバケたち 完全版 (バンブーコミックス)

ついに出るぞ! お菊ちゃん好きだったなあ。

増田英二 / 実は私は (18)

実は私は 18 (少年チャンピオン・コミックス)

実は私は 18 (少年チャンピオン・コミックス)

ひとつずつ丁寧に話を畳んでいっている実私。委員長編。

諫山創 / 進撃の巨人 (20)

進撃の巨人(20) (講談社コミックス)

進撃の巨人(20) (講談社コミックス)

ついに20巻! 最近の展開はもう辛くて辛くて……。

古屋兎丸 / 女子高生に殺されたい (2)

女子高生に殺されたい 2 (BUNCH COMICS)

女子高生に殺されたい 2 (BUNCH COMICS)

完結巻。

海法紀光、千葉サドル / がっこうぐらし! (8)

がっこうぐらし!  (8) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

がっこうぐらし! (8) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

くるみちゃんは……くるみちゃんはもう……。あ、りーさんがもうだめなのは知ってました。

松浦だるま / 累 (9)

累(9) (イブニングKC)

累(9) (イブニングKC)

ニャオス。

山田参助 / あれよ星屑 (5)

あれよ星屑 5 (ビームコミックス)

あれよ星屑 5 (ビームコミックス)

早く! 早く読みたい!

コージィ城倉 / チェイサー (4)

チェイサー 4 (ビッグコミックス)

チェイサー 4 (ビッグコミックス)

海徳がどんどん売れっ子になっていくのが面白い。