読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

From The Inside

Ubique Media Daemon

白石和彌『凶悪』/園子温『地獄でなぜ悪い』/魅力的な殺人者たちと笑いながら巡れ、この世こそが地獄である

凶悪とか地獄とか物騒な感じの日本映画、最高だと思いませんか。

白石和彌『凶悪』

Kyouaku | スロット・ビデオスロットまとめ

新潮45のノンフィクション『凶悪 -ある死刑囚の告発-』を原作とした、故・若松孝二監督に師事した白石和彌監督の初の長編作品です。

死刑囚がジャーナリストに打ち明けた「自分には、誰にも話していない余罪が3件あります」「そのすべての事件の首謀者は、自分が『先生』と呼んでいた男です」という告白から始まる凶悪犯罪の一部始終。ジャーナリストを山田孝之が、死刑囚をピエール瀧が、そして「先生」をリリー・フランキーが演じるというぜいたくなキャスティングです。

とにもかくにも、このキャスティングが完璧すぎます。かつて「顔」と呼ばれていた男・ピエール瀧の顔はすごい。「ぶっ込んじゃおう」という言葉とともに人を殺していく姿は、本当にこいつに寿司屋の大将をやらせていたのかNHKと思わずにはいられないほどであり、悪ふざけをしながらも石野卓球よりは幾分か真っ当な人物である電気グルーヴのピエール瀧とは大違いのインパクトでした。

が、それよりも何よりもリリー・フランキー。瀧演じる死刑囚の須藤が比較的分かりやすい暴力の具現としての凶悪であるとすれば、リリー・フランキー演じる先生こと木村は、もはや理解不能なレベルでの凶悪さをスクリーンいっぱいに解き放ちます。壮絶なまでの色気をもって画面の中央に立つ彼は、ケラケラと笑いながら人を殺す。その凶悪さは、あまりにも強い魅力を放っていて、とても危険です。

隣で瀧もキャッキャ言ってる。その凄惨な殺人現場に、あまりにも2人が楽しそうなものだから、なぜか笑ってしまう。興奮してしまう。深淵を覗くものが深淵に覗き返される。ジャーナリストの藤井が、家庭を顧みず事件の取材に没頭し、池脇千鶴演ずる妻から離婚届を突きつけられ「楽しかったんでしょ?」と言われるように。凶悪には壮絶な魅力がある。それを認めざるを得ないフィルムです。

こんなにも魅力的な犯罪者像を、僕は見たことがありません。認めるわけにはいかないけれども目が離せない、我々の凶悪さを自覚しましょう。

凶悪―ある死刑囚の告発―

凶悪―ある死刑囚の告発―

園子温『地獄でなぜ悪い』

映画『地獄でなぜ悪い』公式サイト

一方、そんな『凶悪』と同じようにかつて実在の事件をもとにした映画『冷たい熱帯魚』を撮った園子温監督は、地獄の姿をコメディという形でスクリーン上に再現します。

現代最高峰の俳優の1人、國村隼演じるヤクザの組長・武藤は、もうすぐ出所する妻の夢だった、娘が主演の映画を楽しみにしていた。ところが娘はクランクアップ10日前に男と逃亡。なんとか娘をつかまえて映画を撮らなければ。映画の神を信じる映画青年・平田、武藤の娘であるミツコ、彼女の逃亡劇に巻き込まれた男・公次、ミツコに思いを寄せる武藤の対立組の組長・池上らが混じり合い、前代未聞の「殴り込みをそのまま映画として撮影」という状況へ。……あらすじを書いていて目眩がしてきました。とにかくめちゃくちゃになっていきます。どういう脳みそをしていたらこんな地獄みたいな話が描けるんだと思ったら大元は監督本人の実話だった。つまりこの世こそがめちゃくちゃな地獄だったのだ!

とにかくずっと笑えます。あんなにも終止爆笑の映画館は久しぶりでした。深作欣二をはじめとした日本ヤクザ映画への深い愛情にあふれた、でも別にそういうことを考えなくても単純に公次役の星野源や池上役の堤真一が面白すぎるので笑えるという素晴らしい映画です。

クライマックスの日本刀による殴り込み映画撮影シーンは、血しぶきが舞い、腕や頭が(物理的に)飛び交う最高の映像に仕上がっていますが、それを撮影スタッフが映画として撮り続けているという絵もその中に混じっていて、その動きが、そのつばぜり合いが、果たして本当なのか、それとも「映画として撮影しているから」という演技込みなのかが分からなくなっていきます。虚実混じり合っていく中で、死んだら地獄なのではなく、この世こそが地獄であるとオーバーラップしていく。単に公次を利用しただけだったはずのミツコが最期には彼にキスをする。それは真実か、それとも撮影のための演出か? 「作り物だ世界は」と歌う星野源のエンディングテーマがすべてを物語る!

そして僕は映画館を出てからもずっと、全力歯ギシリ Let's GO! という歌声が頭から離れなくなっていますどうしてくれる。地獄へようこそ!

地獄でなぜ悪い【初回限定盤】

地獄でなぜ悪い【初回限定盤】