From The Inside

Ubique Media Daemon

Pioneer DDJ-RB を買いました(あるいは、DJの楽しさについて)

最近、DJ用に Pioneer DDJ-RB を買いまして、ちょくちょく使っているので、その話をします。

f:id:minesweeper96:20160811130527j:plain

www.pioneerdj.com


昔(10年以上前)は Technics SL-1200mk3 でアナログレコードを使っていましたが、ここ数年は「時代はデジタルなのか……」と思いつつiPadのDJアプリやKORGの簡単なDJコントローラーで遊ぶ程度でした。が、最近ちょっと友人の前でDJをする機会があったりしまして、ちゃんと環境を整えようということで、詳しい会社の同僚におすすめされてDDJ-RBにしました。

完全にCDJ/PCDJの発展の歴史をすっ飛ばしているため、はっきり言って機能が使いこなせているとは言えないものの、DDJ-RBはDJソフトウェアのrekordbox djの製品版(お試し版じゃなく!)がバンドルされているので、音楽ライブラリを格納してあるMacBook Airにつないで、とりあえずミックスしていくのはほぼ一瞬でできるようになりました。

rekordbox.com


でかいジョグダイヤル、PLAY/PAUSEボタン、CUEボタンあたりはPioneerのCDJの標準的なUIと近しく、標準感あって良いですね。前述のとおりデジタルDJのほかの環境をまったく知らない状態で使っているので過去の機材との比較などまともにできませんが、アナログ時代のDJをやっていた身としては、すんなり入っていける良い機材だと思いました。

ミキサー部については、EQはもっとエグく音が切れるほうが好みなのですが、フィルターがいい感じに効くので、むしろそっちばかりいじっています。rekordbox側のエフェクトもひとつアサインしておけるのですが、ディレイをアサインしておいて、フィルターと組み合わせるようにしています。パッドはスリップループ専用と化しています。あとは、おもしろボイスサンプルのタイミングでマニュアルループを使うくらいです。機能を使いこなしてない感すごい。

blog.shimamura.co.jp


他の方のレビューを見ると、DDJ-SB2に比べて、ヘッドフォン端子がステレオミニプラグであることや、HEADPHONES MIX がないあたりが弱点として取り上げられていますが、個人的には(そこまでこだわってないという軟弱な理由で)特に困りませんでした。初めて本格的にDJします、という向きにも割と最適な気がします。

ken46.com

ken46.com


rekordbox自体もすっきりしていて直感的で使いやすいように思います(他はSeratoを少し触ったことがある程度なので比較できていませんが)。ビート検出も特に何も考えなくても概ね問題なくて、syncが楽で「一生懸命ヘッドフォンで聴いてピッチコントローラーとフラッターを触ってピッチを合わせていたのはなんだったんだ……」という気分になるものの、ビートマッチの作業自体は割と好きなので、家で遊んでるときはsyncを使わず手で合わせることも多いです。まあそれでもBPMが表示されるので格段に楽ですが。昔はレコードを回して耳と手だけでピッチを合わせていたのじゃよ……。

この辺はいろいろありますよね。ビートマッチの技術の話とか、ずれることがグルーヴを生むとか、いやその作業が簡略化されたから他のことができるようになったんだとか、ほんとかーほんとに他のことやってるのかー?とかまあいろいろ。DJ簡単にできるようになったな、という気にはなります。良いことかどうかは分からないけど、いろんな人がDJ簡単にできるようになったのは良いことなんじゃないかな、たぶん。でもかっこよくビートマッチできるDJは尊敬します。

jp.residentadvisor.net

www.clubberia.com


仲間うちのお気楽DJ活動をするにあたって、とても良い買い物をしたなあと思います。みんなめちゃくちゃ盛り上がってくれるので楽しいです。DJは「自分が好きで、かつお客さんも喜びそうなものを、狙ってかけて、喜んでもらう」という活動だと思っていて、自分の好き度合いとお客さんへのおもてなしのバランスを両立させるというところにロマンがあって大好きです。もちろん、自分の好きな曲をかけろ!というDJもいるし、それを忘れたらやっていても楽しくないし、お客さんのことを考えすぎるのも良くないと思うけどね。みんなの知ってる曲をかければいいっていうものでもなくて、きっとみんなが好きになるだろう曲をミックスして世界観を作っていけるのが、やっぱり最高。優れたDJは本当に素晴らしいと思います。以下のRAのDJインタビューシリーズが死ぬほど好きなので皆さん全部読んでください。

RA: The art of DJing: Tama Sumo
RA: The art of DJing: Function
RA: The Art of DJing: Intergalactic Gary
RA: The art of DJing: Vera
RA: The art of DJing: DJ Nobu


ということで、皆さんもDJしましょう。皆さんが好きな曲をかけている姿を見るのは、とても楽しいです。

Pioneer DJ パイオニア / DDJ-RB DJコントローラー

Pioneer DJ パイオニア / DDJ-RB DJコントローラー