読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

From The Inside

Ubique Media Daemon

Herbert / Marcel Dettmann / Stimming / XDB / Todd Terje

Herbert - Part 6

長年にわたりエレクトロニック・ミュージック・シーンで活動を続ける奇才、Matthew Herbert。近年はパーソナルな音を表現した「One One」、ある夜のクラブでの音をフィールド・レコーディングした「One Club」、そして“豚の一生”の音をサンプリングして作り上げられた「One Pig」という「One三部作」で……特に「One Pig」のあまりの革新性(ライブ中、後ろで豚が調理され、客に振る舞われる!)で「やはりこの人はやばい」となった彼が、なんと8年ぶりに「Herbert」名義でリリース!

伝説の名盤「Bodily Functions」などハウス寄りの楽曲を発表してきた「Herbert」名義の新作は、1990年代に発表された「Parts」シリーズの久々の続編、第6弾。先行で公開されたリードトラックのタイトルが「One Two Three」という、まさに「Oneシリーズを終えて、先へ」とでも言いたげな趣です。

その「One Two Three」が本当にあまりにも素晴らしいボーカルハウス! Herbert自身がプロデュースを務めたバンド「Hejira」のボーカル Rahel Debebe-Dessalegne による美しい歌声と、Herbertのキュートで人懐っこい極上のエレクトリック・サウンドが混じり合っています。残り3曲はHerbertらしい狂った4つ打ちテクノ! 完璧な1枚。絶対買え!!!!!!

[asin:B00KBAL90Y:detail]

https://itunes.apple.com/jp/album/part-6-ep/id878350989?uo=4&at=10lc52

Mikiki | 何度聴いても、ハーバートの新曲“One Two Three”が素敵すぎる…! | Misaki's bgm | DANCE / ELECTRONICA
http://www.beatport.com/release/part-6/1306583

Marcel Dettmann - Seduction

「世界で最も素晴らしいクラブ」の名声をほしいままにする、ベルリン「Berghain」。その前身「Ostgut」時代からレジデントを務め、現在ミニマル・テクノの世界で最も重要なDJとなりつつある Marcel Dettmann の新作は、昨年リリースしたアルバム「Dettmann II」からのシングルカット。おなじみ <Ostgut Ton> から。インダストリアル・アンビエントとでも言うべきオリジナルを使用したミュージックビデオがめちゃくちゃカッコいい!

今回のシングルカットにあわせてRemixも3曲収録。Remixer は Dettmann と Shed のユニット Deuce、<The Corner> のボス Anthony Parasole、そして <Ostgut Ton> の看板 Ryan Elliott。どれも4つ打ちフロア仕様に変貌。これぞ最新型ベルリン・ミニマル・インダストリアル、ですね。

はー Berghain 行きたいなー……。

Seduction [Analog]

Seduction [Analog]

Seduction - EP

Seduction - EP

  • Marcel Dettmann
  • エレクトロニック
  • ¥600

Label: Ostgut Ton | Marcel Dettmann: o-ton 76 | Seduction
Deuce, Anthony Parasole, Ryan Elliott, Marcel Dettmann, Emika New Releases: Seduction on Beatport Pro

Stimming - Southern Sun EP

もはやレーベル買い状態の DJ Koze <Pampa> の22番は、<Diynamic Music> の中心人物 Martin Stimming!

Piper Davis のボーカルをフィーチャーしていて、ダビーな感じのA面、ピアノがきれいなB面ともに高クオリティ。特にB面「Southern Sun」のブレイクでのピアノソロが良い。

Southern Sun EP

Southern Sun EP

Southern Sun - Single

Southern Sun - Single

  • Stimming
  • ダンス
  • ¥300

Stimming, Piper Davis New Releases: Southern Sun EP on Beatport Pro

XDB - Afrikk EP

Burgund

Burgund

  • XDB
  • エレクトロニック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

前作「Ganivon EP」も良かった XDB、新作はデンマークのダブ・テクノ・レーベル <Echocord> から。

ダブ・テクノ・マナーに従った丁寧な作りで、じわじわと音が変化していくハマり系ミニマル。すごく音がきれい。激ディープ。

Afrikk - EP

Afrikk - EP

  • XDB
  • エレクトロニック
  • ¥600

KOMPAKT.FM // Afrikk Ep // Xdb
Philogresz, XDB New Releases: Afrikk on Beatport Pro

Todd Terje - It's Album Time

Paul Simon、Michael Jackson、Bee Gees、Stevie Wonder……。ノルウェーのニュー・ディスコ職人 Todd Terje が手掛けてきたリエディットたちはどれも名曲ぞろい。そんな Terje は一方で、2004年にオリジナル作品「Eurodans」をリリースしフロアを湧かせ、それから長い沈黙を経て、2011年に「Ragysh」、2012年に「Inspector Norse」や「Swing Star Pt. 1」を収録した「It's The Arps EP」、そして2013年にアンセム「Strandbar」と、ここ数年立て続けに大ヒットを飛ばし続けています。そしてついに、アルバム! It's Album Time!

軽い酩酊を想起させるリラックスした序盤から、一気にトップギアへと持っていく「Svensk Sås」を経て「Strandbar」へ。さらにトラックもタイトルも最高にふざけてる新曲「Delorean Dynamite」で昇天。……と思ったら、いきなり Roxy Music の Bryan Ferry をゲストボーカルに迎えて Robert Palmerの「Johnny and Mary」をカバー。「Swing Star」前後編でテンションを上げ、まるで宇宙旅行のような「Oh Joy」、そして「Inspector Norse」で〆。完璧な構成!

おそらく世間的に言っても今年の「ダンス・アルバム」のベスト候補でしょう。脱帽。

It's Album Time [帯解説 / デジパック仕様 / 国内仕様輸入盤CD] (BROR006)

It's Album Time [帯解説 / デジパック仕様 / 国内仕様輸入盤CD] (BROR006)

It's Album Time (Bonus Track Version)

It's Album Time (Bonus Track Version)

  • Todd Terje
  • エレクトロニック
  • ¥1500

Todd Terje - It's Album Time | トッド・テリエ | ele-king
RA Reviews: Todd Terje - It's Album Time on Olsen Records (Album)
Todd Terje - It's Album Time - Olsen Records - Bleep - Your Source for Independent Music - Download MP3, WAV and FLAC, Buy Vinyl, CD and Merchandise