読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

From The Inside

Ubique Media Daemon

「TOKYU MUSIC LIVE 2014 矢野顕子プロデュース/ポップスのおいしい作り方」に行ってきました最高でした泣きました

2000組4000名のみの招待ライブ。まさか見ることができるとは。感無量。本当に、本当に素晴らしかった……。

矢野顕子さんが“ポップスのおいしい作り方”テーマに無料ライブ 細野晴臣さんら出演 - はてなニュース
TOKYU MUSIC LIVE|コミュニケーション活動|東急グループサイト

矢野顕子を中心に、細野晴臣、林立夫、鈴木茂が「Tin Pan」として演奏し、大貫妙子、清水ミチコ、岸田繁がゲストとして参加する。こんなステージ、いくら払えば見られるっていうんだ……(無料です。信じられない)。清水ミチコによるモノマネ場内アナウンスに続き、矢野顕子がひとり登場してピアノを弾きながらいきなり「春咲小紅」「ごはんとおかず」! なんか知らないけどこの冒頭2曲でもう泣きそうでした。春咲小紅、昔からすごい好きなんだよね……。新曲ごはんとおかずも良いよねえ……。その後 Tin Pan の3人が出てきて、大貫妙子が出てきて……という夢のような展開。TAICOCLUBで高橋幸宏を見たから、1週間のうちにYMOの2人&残り1人の元奥さん兼ワールドツアー参加メンバーを見たことになるぞ。Tin Pan 演奏による「大いなる椎の木」(オリジナル通りのメンバー!)や、大貫妙子との「色彩都市」なんかも。ステージ上で大貫さんすごい男らしくて吹いた。第1部は「ひとつだけ」で〆。

第2部は清水ミチコによる「井上陽水やドリカムや森山一族っぽい歌」でスタート(爆笑!)。さらに清水ミチコ+矢野顕子のWピアノ&歌唱。モノマネと本人がデュエットって面白いよね……。さらに岸田繁登場でソロ+ギター1本で「ばらの花」。TAICOCLUBでも見たぞばらの花、1週間のうちに2回聞いたぞばらの花。そのまま矢野顕子+岸田繁コラボ曲「PRESTO」を矢野顕子と Tin Pan の演奏で! すげえ! 「こんなところにいてはいけない」を経て、ラストはオールスター、細野晴臣メインボーカル、矢野顕子+大貫妙子+清水ミチコ+岸田繁コーラス、Tin Pan 演奏で、細野晴臣の超名曲「終わりの季節」!!!!!!!!!!!! 泣いたね。泣いたよ。

アンコールは矢野顕子1人でまさかの「ラーメンたべたい」。さすが矢野顕子。飯の曲多すぎィ!

なんかパンフレットも金かけてあってすごかったです。東急グループ主催ということで、一同がいちいちMCで東急に絡めようとしてうまくいかないのも面白かった。すごいメンツのすごいステージなんだけど、すごくゆるくて、優しくて、暖かくて、幸せになれる……そんなライブコンサートでした。

これが日本のポップミュージックなんだ、と、改めて心底震えました。とても幸せです。この世界には、こんなにも素晴らしい音楽があふれている!

飛ばしていくよ

飛ばしていくよ

  • 矢野顕子
  • J-Pop
  • ¥2200
JAPANESE GIRL

JAPANESE GIRL

  • 矢野顕子
  • J-Pop
  • ¥1800
HOSONO HOUSE

HOSONO HOUSE