読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

From The Inside

Ubique Media Daemon

ベルリンの伝説的クラブTresorの記録——『SubBerlin The Story of Tresor』

クレイジー!

Amazon.co.jp: VARIOUS ARTISTS : SubBerlin – The Story Of Tresor (CD+DVD) - 音楽

テクノの聖地、ドイツ・ベルリンのクラブシーンを支え続けてきた伝説のクラブ「Tresor」。このDVDは、ベルリンの壁が崩壊し、フリーダムとなったベルリンの地にオープンした旧Tresorの記録です(旧Tresorは2005年に閉鎖。2007年に移転して再オープンした)。

ムービーは当時のクラブ内の映像と、Tresorクルーたち、そしてTresorでのプレイ経験を持つDJたち(Sven Vath、Chris Liebing、Juan Atkins、Jeff Mills、Blake Baxter、DJ Rush、Tanith、Josh Winkなどなど!)のインタビューで構成されています。ベルリンの壁が崩壊し、何も無くなった場所、大家すらいなくなった廃墟の地下に最高の空間を見つけ(あとになって、そこは銀行の金庫であったことが分かる)、Tresorをオープンし、クレイジーなパーティーを重ねていく。DJたちは口々に、この空間がいかに狂っているかを語ります。汗と熱気が天井から雫となって落ちてくる、翌日の午前11時くらいまでパーティーが続く、とにかくハードな音が好まれる……。クラブ内部の映像を見ると、本当に汚い地下室です。最高ですね。最高すぎる。

SubBerlin - The Story of Tresor - Official Trailer - YouTube

テクノはベルリンによく似合うという話と、テクノを発見したとされるデトロイトの偉大なオリジネーターたちがTresorによってベルリンの人間と出会えたというエピソードは、なかなかにグッとくるものがあります。途中、Dr.Motteによる初期Love Paradeの話も出てきて、これまた時代を感じます。

後半は政府や警察との軋轢、あるいはエクスタシーについての話などディープな部分も盛り込まれつつ、2005年のラストパーティーの模様で終わります。最後の夜の映像はすごく良いですね。僕も昔、青山Maniac Loveのラストパーティーに行ったことを思い出しました(そういえばそれも2005年ですね)。

ちゃんとドイツ語、英語、スペイン語、そして日本語の字幕が付いているし、レーベル<Tresor>からリリースされた音源をコンパイルしたサウンドトラックも付いています。お得。ベルリン行きたいなあー。

Tresor Berlin
http://tresorberlin.com/subberlin-themovie/