From The Inside

Ubique Media Daemon

HERO×萩原ダイスケ『ホリミヤ』を読んで堀さんと宮村くんはやっぱり面白いなと改めて思う

やっぱり初期村だと思うんだよ。

Amazon.co.jp: ホリミヤ(1) (Gファンタジーコミックス): HERO, 萩原 ダイスケ: 本

「面白いWebコミックは」と聞かれて真っ先に挙げられる定番中の定番といえば、HEROさんの名作「堀さんと宮村くん」なわけです。書籍化もされたしすごいなーと思ってたら、別作画で再構成と聞いて吹きました。コミックのコミカライズとか斬新すぎる。

「堀さんと宮村くん」は初期と後期と本編終了後の(本編より長くなってる)オマケとでノリや空気が違い過ぎる、非商業っぽいラディカルな作りになっています。僕は結構、初期が好きなので、今回「ホリミヤ」という形で再構成されて初期の宮村(初期村)がたくさん見られてうれしいです。髪を切って以降の宮村はリア充すぎてちょっと……。

初期は話としては面白いのですが、HEROさん原作ではまだ絵柄が安定していなかったりキャラクターがぶれていたり(由紀が嫌なやつっぽかったりとか!)するという欠点がありました。本作ではかなり気合いの入った作画で、後々アレになりそうな描写をうまいこと再構成していて感心しきりです。正直、想像以上にちゃんと「コミカライズ」してました。

学校では派手なギャルだけど実は家庭的で地味な女。学校では暗くて地味だけど実はピアス開けまくり&タトゥー入れまくりな美形の男。このギャップこそがホリミヤの魅力だと思うんです。そういう意味でやっぱり初期はいいな!

……まあ一番好きなのは由紀と透の話なんだけどね。面倒くさい女が好きなんですよ……。

読解アヘン(原作Webコミック「堀さんと宮村くん」掲載)
:::: GFantasy Website :::: ホリミヤ -月刊Gファンタジーオフィシャルサイト